フランス語の発音・読み方

発音・読み方の基本

 

アルファベット

ここでは難しいフランス語の発音を例を見ながら学んでいきましょう!

まずは、フランス語のアルファベット、Alphabet=アルファベと発音します。

フランス語も英語と同じ26文字のアルファベを使います。

※カタカナの発音と実際の発音は少し違う場合があります。(日本語にはない発音のため)
a-g
h-n
0-u
v-z

  

 

 

 

 

 

つづり字記号

フランス語のアルファベット以外に、つづり字と呼ばれる記号がついた文字があります。これは強く発音するというアクセントの発音ではなく、他の語と区別するつづり字上の記号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

<読み方> 母音と子音

フランス語の母音は6文字です。

それぞれ単語の中で読まれる際の発音が英語とは異なるので注意しましょう。

a e i o u y

 

 

 

 

 

 

※これ以外の20文字は全て子音です。

 

 

<読み方> 発音しない文字

フランス語には発音しない文字がいくつかあります。

ここでは発音しない基本的な音を紹介いたします。

 

発音しない文字 [ e ]
Je m’appelle
Bonne Journée
Jolie
Soirée

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発音しない文字 [ h ]
Herbe
Hélicoptère

 

 

 

 

 

発音しない文字 [ 単語の最後の子音 ]
Paris
Chocolat
Riz
Alphabet
Lait
Souris

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

複母音

2つ以上の連続する母音を複母音と言います。

フランス語では新しい別の読み方になるので、ここでまとめて覚えてしまいましょう

 

lait / frais
château / chaud
chou / poudre
joie / oie
œufs / peur

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻母音

鼻にかかる音を出すように、声を鼻腔に響かせて発音します。

France / abandonner
pain / plein
un / humble
mignon / concombre
bien / chien

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

リエゾン liaison(連音)

発音されない語末の子音と、次の単語のはじめの母音(または無音のh)を、連続して発音することをリエゾンと言います。

Vous-êtes
Vous-avez
dix-euros

 

 

 

 

 

 

 

 

アンシェヌマン enchaînement(連読)

発音される語末の子音と、次の単語のはじめの母音(または無音のh)を、連続して読むことをアンシェヌマンと言います。

Il-est
Elle-est
Il-y-a
une-église

 

 

 

 

 

 

 

 

エリジョン élision(母音字省略)

エリジョンとは、ある単語と単語の間で母音が重なった時に、2つ目の単語の母音(または無音のh)を省略して読むことを言います。省力する時は ’(アポストロフ)をつけ、2つの単語を1つの単語のように読みます。

J’ai
m’habiller
l’argent 
Je t’aime
l’évasion
s’asseoir
Je n’ai pas
Qu’est-ce que 
d’accord
c’est bon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました